一度覚えれば忘れない!フリーランスって確定申告が必要なの?

フリーランスは全員が全員確定申告が必要ではない?

個人事業主として働く場合には、確定申告をしなくてはなりません。会社員の場合は年末調整を会社がしてくれましたが、個人で働く場合には自分で計算をして自分で申告をしなくてはならないのです。
ですが、フリーランスとして働き始めたばかり、またお小遣い程度の収入しかないという場合、申告をする必要があるのでしょうか。
独立したばかりでお小遣い程度の収入しかない場合にもすぐに申告しないといけないものなのでしょうか。

申告を忘れていたらどうするのか?

実は、個人事業主として確定申告が必要なのは1年間の事業所得が38万円を超える人となっています。この38万円というのは、所得税の基礎控除額です。基礎控除というのは、働いている人であれば全員控除できる金額となります。

ですので、所得がちょうど38万円の人は、38万-38万=0円ということで所得税を払う必要がなく、確定申告も必要ないのです。

そこで注意点があります。この所得というのは収入そのものではないという点です。収入というのは売上の金額と考えますが、所得というのは、さらにそこから経費を引いた金額となります。

収入―必要経費=所得

例えば収入が50万円あっても、経費が5万円かかっていると、

〔収入〕50万円-〔経費〕5万円=〔所得〕45万円

所得は45万円になります。つまり、この場合事業所得から経費を引いた45万円がものが38万円を超えているので、確定申告が必要になるという訳です。

確定申告が必要がないといっても、何もしなくてもいい訳ではありません。
個人事業主として開業した場合、青色申告か白色申告かを選ぶことになります。特に申請をしない場合には自動的に白色申告となりますが、青色でも白色でも帳簿付けの義務はあります。青色と白色の差はこの帳簿の複雑さ具合によると考えてもよいでしょう。
青色申告での帳簿付けを行っており、青色申告の申請を出している人であれば、赤字だった(所得税を払う必要がなかった)年の差額分を来年以降に繰越することができます(個人事業主で3年、法人で9年分)。

例えば、その年の収入が50万で経費が70万だったとしましょう。そうするとその年の所得は-20万となります。

しかし、次の年の収入が100万で、経費が50万だった場合、その年の所得は50万となり、通常、基礎控除38万円を超えるので所得税を払わなければなりません。ですが前年が-20万だったので、その年の所得は50万-20万=30万となり、基礎控除38万円以下になるのでその年も所得税を払わなくていいという訳です。

話はそれますが青色申告と白色申告では、税務上のメリットをどれだけ受けることが出来るかという点があります。このような税務上のメリットを受けたい場合には、必ず青色申告を申請しておきましょう。

確定申告の義務がありながら、漏れてしまった、忘れてしまったということはないようにしておきたいものです。万が一申告をしていないことが税務署の調査で発覚すると、追徴課税を徴収されます。本来納税すべき分に加えて延滞税もかかります。

延滞税は、所得税の納期限の2カ月後までは年7.3%の税率ですが、2カ月を経過する日の翌日以降は年14.6%もの税率が課せられます。

確定申告は誰も自分に督促はしてくれません。ですが個人事業主であれば自分で自分の管理はして当然です。確定申告は期日内にもれなく行っていきましょう。

まとめ

このようにフリーランスであれば全員が全員確定申告をしなくてはならないということはないということを紹介しました。
また、青色申告と白色申告という制度もあります。税制上優遇を受けるには青色申告を申請することが一番ですので、こちらも併せて確認していきましょう。

関連記事

  1. ノマドワークとは?〜副業との関係〜

  2. 新しい組織の形を探る!業務委託と正社員の違い

  3. 新しい働き方?リモートワークで副業?

  4. 自分のスキルを活用できる?副業としてのクラウドソーシングとは?

  5. 働き方改革で日本の残業が変わる?

  6. 【徹底解説】住民税で副業をしていることが会社にわかってしまう理由とは?…

  7. パラレルキャリアと副業(複業)の違いって?

  8. 副業元年?働き方改革と副業の関係とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES