副業で20万以上稼いだら確定申告しなくてはならない?!

副業で年間20万未満しか稼がない場合は確定申告をしなくてもいいのか

巷で言われていることで、年間20万未満の副業収入であれば確定申告をしなくてもいいという話を聴いたことはないでしょうか。実はこれは例外あるということをご存知でしたか?今回は副業で確定申告をするのかしないのかという点について記載していきます。

これについては本業で年末調整をして納税をしている会社の社員は「給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告をする必要はない」と言われています。

ここのポイントは給与所得や退職所得以外の所得という点です。つまり、本業も副業も給与所得である場合は、必ず確定申告が必要になるのです。

たとえば本業は会社員として働きながら、別の会社に副業として月に2〜3回週末にアルバイトをしたような場合には、副業収入の金額によらず(20万未満であっても)必ず確定申告が必要になるのです。

分かりにくい経費の話

経費に入れる入れないという話を聞いたことがあるでしょう。ではどのようなものであれば経費に入れることが出来、逆にどういうものであれば経費には入れることができないのでしょうか。

これについては事業に関連する支出であれば、経費として申告することが可能です。
事業に関連するかどうかという点がポイントとなり、使った本人が一番、経費なるかどうかわかるのではないでしょうか。

つまり事業に関連するということを後々税務職員に説明がつけば経費処理となりますし、そうではないのであれば、経費には入れることが出来ないということです。そして経費に入れる場合には支出の内容を示す請求書や領収書などの証拠書類を保管しておきましょう。

2か所以上の会社で給与をもらった場合の処理

本業で会社員をしている人が副業で給与収入を得た場合、収入金額に関わらず、つまり20万未満か否かを問わず確定申告を行う必要があります。まず確定申告を行う際に本業での源泉徴収票と副業での源泉徴収票を取り寄せます。

たまに源泉徴収票を発行しない会社もありますが、事業主には源泉徴収票を発行する義務があります。勤務先に早めに発行依頼をしておきましょう。

確定申告方法

確定申告は、その年の1/1〜12/31の課税所得について、翌年2/16~3/15までに確定申告書を行います。
例年確定申告時期になると、国税庁のホームページでは確定申告書作成についてのページが開設され、そこから作成や申告が可能となります。また、最寄の税務署にいくと確定申告についてのコーナーが開設されていることもあり、まずはWEBを確認したり最寄の税務署を確認してみましょう。

参考記事

一度覚えれば忘れない!フリーランスって確定申告が必要なの?

関連記事

  1. 「フリーエージェント社会の到来」から読み解くこれからの働き方

  2. 個人事業主が法人化した方がよいタイミングとは?

  3. 確実に進む副業解禁の流れ〜従業員と会社の関係?〜

  4. どこまで経費なの?フリーランスが知っておくべき経費の考え方

  5. マズローの欲求5段階説から読み解く副業(複業)時代

  6. 副業をしている人の年末調整ってどうするの?〜3つのポイント〜

  7. フリーランス・個人事業主が知っておきたい請求書の書き方

  8. 2ヶ所以上から給料をもらう場合の所得税とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES