副業する個人事業主が知っておくべき青色申告とは?

副業で収入が多くなったら個人事業主扱いにしよう

副業で収入があるようになると考えるのは、個人事業主になるかどうかという点です。個人事業主とは、個人で事業を行うことで、「事業」というのは、反復・継続して行う仕事のことを指します。そして個人事業主とは、会社や組織に属することなく「個人」で行うことを指しています。

もし副業で個人事業主やフリーランスとして活動する場合、副業としての収入が入ってきますが、そうなると確定申告をすることになります。そうなると節税を考えたいものですよね。今回は個人事業主が知っておきたいお得情報をお伝えします。

個人事業主になるなら青色申告がお得

青色申告という言葉を聞いたことがあるでしょうか。個人事業主の確定申告は大きく分けて白色申告と青色申告の2つに分かれます。

おススメは青色申告という制度です。ズバリお伝えしますと青色申告は税制上の優遇があります。節税効果があるのです。逆に白色申告は青色申告ほど節税効果がありません。

青色申告のメリット

青色申告特別控除というものがあります。
多くの個人事業主が、青色申告を選択します。青色申告をすると65万円控除を受けるための申請を期限内に出します。そして複式簿記により正しい方法で帳簿付けをして青色申告をすれば、最高65万円の特別控除を受けることができるのです。

それをしないと白色申告となり、特別控除のメリットを享受することができません。
例えば青色申告特別控除の65万円があるのとないのではどの位差があるのでしょうか。
例えば所得400万円の場合で見ていきます。
青色申告野場合、所得が400万円あるばあい、特別控除が65万円となり、課税所得は335万円となります。そして所得税、住民税は58万円となります。

一方、白色申告の場合、所得が400万、課税所得も400万円となるため、所得税住民税が78万円となります。
この差は約20万円となります。
20万の差は大きいです。青色申告をしていきましょう。

また、純損失の繰越控除という制度も使うことが出来ます。
赤字になった年から3年の間に儲けが出た場合、確定申告で黒字の所得から赤字分を差し引くことができます。これを「純損失の繰越し控除」といいます。
赤字の年の所得税は利益が出ていないのでゼロですが、翌年から儲けが出た場合でも、前年の赤字分と相殺して所得を減らすことで税金を節税することが出来るのです。そして前年の損失を取り返すことができます。これは起業したての方にとってとてもお得です。

例えば、1年目は300万円の赤字の場合、赤字分は3年目や4年目の黒字分と相殺できます。3年目と4年目の所得税をゼロにできるのです。

2年目の赤字100万円は5年目の黒字300万円から差し引けるので、5年目の所得を200万円に減らせます。

このように、純損失の繰越し控除は大変有意義な制度と言えるでしょう。

また、スモールビジネスの場合、配偶者や家族に手伝ってもらっていることも多いです。配偶者や親族に仕事を手伝ってもらったときに支払う給与は、通常は必要経費として認められていません。

ですが青色申告であればこの家族を「青色事業専従者」として届け出ることで、その適正な給与を経費にできます。

まとめ

このように起業したら青色申告をしておくことをお勧めします。期日があるのでその期日通りに提出をしましょう。

参考記事

フリーランスが払うべき税金の種類とは?

関連記事

  1. マイナンバーで副業がバレるって本当なの?

  2. 2ヶ所以上から給料をもらう場合の所得税とは?

  3. 確実に進む副業解禁の流れ〜従業員と会社の関係?〜

  4. フリーランスが払うべき税金の種類とは?

  5. なぜ企業は副業解禁するのか?~優秀な人材確保のため?~

  6. 副業で20万以上稼いだら確定申告しなくてはならない?!

  7. どこまで経費なの?フリーランスが知っておくべき経費の考え方

  8. 個人事業主が法人化した方がよいタイミングとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES