自分のスキルを活用できる?副業としてのクラウドソーシングとは?

「ランサーズ」「クラウドワークス」を始めとするクラウドソーシングサービスを利用する方が近年増えてきています。
近年は単なる「お小遣い稼ぎ」に止まらず、クラウドソーシングの報酬だけで生活をしている人も増加しています。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングの市場規模は年々大きくなっています。

そもそもクラウドソーシングとは2012年頃から在宅ワークとして注目されてきました。
クラウドはcrowd(群衆)という意味で、ソーシングはsourcing(業務委託)でそれら二つを掛け合わせて生まれた言葉になります。

crowd(群衆)+sourcing(業務委託)=クラウドソーシング

今までは会社内で対応出来ない仕事を外部(法人等)に発注する形でした。
しかしそれが個人等にも広がってきたのが、アウトソーシングです。

クラウドソーシングは、「ランサーズ」「クラウドワークス」などweb上でクラウドソーシングサービスを実施している会社に登録することで利用することが出来ます。
そこには法人や個人を問わず、〇〇をして下さいという依頼に対して応募する形になります。
もしくは「○○出来ます」と実績を登録することで、それに対して仕事を依頼する形になります。

ぶっちゃけクラウドソーシングは稼げるのか?

「転職はしないがお金は欲しい」人にとっての副業になり得るのか?という点ですが、その人次第です。
正直なお話としてクラウドソーシングサービスに登録されえう案件の内容は、様々です。
どのような仕事を受けるかによっても全く異なってきます。
たとえばライターとして記事を執筆する仕事は1記事2000円~1万円だったりします。
逆に単価が高い仕事であれば、スマホアプリの開発は1カ月30万円などもあります。
上記のように労働時間や収入も案件の内容によってまったく変わってきます。

クラウドソーシングのメリット

それではクラウドソーシングのメリットはなんでしょうか?
少し考えてみましょう。

自分の好きな時間に働くことができる

クラウドソーシングで副業をする一番のメリットは、自分の空いた時間などやりたい時間に仕事が出来るという点です。

例えば、会社が終わってからもしくは休日の好きな時間に、近くのカフェで仕事することも可能です。
自分がやりたいと思ったときに、いつでもどこでも仕事することが可能です。

自分の「やりたい」を仕事に出来る

例えば昔から文章を書くのが好きで、ライターになりたかったけど、実際には普通の会社に勤めてしまった人がクラウドソーシングを使って、働きながらライターになることが出来ます。
もちろん仕事として行うので、仕事の質は求められるという点は注意が必要です。
ただ今まで経験する事のなかった仕事をすることも可能になります。
【実はデザインの仕事をやってみたかった。】
【プログラミングの仕事をやりたかった。】
【大学時代から学んできた英語を使って翻訳の仕事をしたかった。】
など、自分の「やりたい」を仕事に出来ます。

会社という枠組みがなくとも受注が可能

クラウドソーシングサービスのサイトには、依頼主が多く、自分のスキルに応じた仕事を見つけることが出来ます。
今までは会社として仕事を受注するケースが多かったと思いますが、個人のスキルによって仕事を受注出来ます。
会社に縛られずに仕事をする事が出来ます。

まとめ

クラウドソーシングでは自分のやりたいを仕事にすることが出来ます。
もちろん仕事ではあるので、仕事の質は求められることになります。
しかしその責任に応じて金銭を受け取ることも出来ます。
これをきっかけにクラウドソーシングを活用することを考えていくのもよいでしょう。

関連記事

  1. ノマドワークとは?〜副業との関係〜

  2. 正社員の副業を認める会社が選ばれる?

  3. 副業解禁で人材確保?地方創生の戦略

  4. 【徹底解説】住民税で副業をしていることが会社にわかってしまう理由とは?…

  5. 【徹底解説】個人事業主が法人化するメリット・デメリットについて

  6. 副業のメリット・デメリット総まとめ

  7. 副業をする前にまずは就業規則を確認しよう

  8. 働き方改革で日本の残業が変わる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES