在宅ワークで副業をするには?

今、副業が当たり前になろうとしている中で、自宅で出来る副業として注目されているのは在宅ワークです。
特別なスキルを必要とせず、PCとネット環境があれば始められる在宅ワークについて考えていきましょう。

データ入力

データ入力のお仕事は、企業が社内でやるデータ管理などを在宅ワークなどの外部の方にデータ管理をお願いする業務になります。データ入力の対象となるデータのファイル形式は多岐にわたりますが、基本的にエクセルやcsvを使うことが多いのでとっつきやすくなっています。
ワードやパワーポイントの通常の使い方が出来るレベルには扱える必要があります。
また、数字・文字・記号を扱うので、細かい数字等をチェックする事が苦ではない方がよいでしょう。

文字起こし

会議やセミナーやイベントなどの音声や動画ファイルから、録音された音声を文字起こしする作業のことです。

ライティング

その名の通り、文章や記事を書き、それを納品することでお金を頂く仕事です。
自宅に限らず、ネットが使える環境ならどこでも作業がすることが出来ます。
図書館でも満喫でもPCやスマホやタブレットを使って仕事がすることが出来ます。

データ入力作業の報酬相場

データ入力の仕事は、平均単価が安く、時間単価1,000円が平均的な単価のケースが多いです。日の作業が決められていることが多く、〇時間以内に仕事を完了するなどある程度の作業効率が求められてしまいます。

文字起こしの報酬相場

文字起こしの単価はさまざまです。1分100円~200円くらいが相場と言えます。
文字起こしは、経験があることが大事になってきます。
要領がわからないと、60分のテープを完成させるのに1週間以上かかるケースもあります。
そもそも文字起こしをする上で分からない言葉が出てくるときがあります。
セミナーやイベントなども、内容によっては専門的な話題で話をするケースもあるので、その都度調べなくてはいけません。
その業界特有の言葉や背景がないと、まったくわからないなどのケースもあります。

ライティングの報酬相場

ライティング作業の報酬は記事内容などによっても変わってきます。
単純なものであれば、1文字あたり0.1円~0.5円くらい。
本格的なメディア記事になると1文字あたり1円~2円くらいが相場です。
仕事を選ぶうえで文字単価も重要な要素ですが、1時間あたりでどれくらいの文字数が書けるかも大事になります。
いくら1文字あたりの単価が高くても、書きづらい内容であれば、書くペースが落ちてしまうので、書ける量が減ってしまいます。
その結果、あまり時間単価が高くないということになってしまいます。
まずは自分が書いてみたいなどの得意ジャンルのものから書いてみるとよいでしょう。

在宅ワークでどうやって副業を見付けれればいいの?

基本的にマッチングサイトを利用するのが、一番効率的です。
もちろん手数料が引かれてしまいますが、その分取引も安全ですし、報酬の受け取りもスムーズに行うことが出来ます。

代表的なものとして下記のサイトを参考にして下さい。

ランサーズ

会員数23万人以上、取引累計額100億円以上の日本最大のマッチングサイトです。
圧倒的なトップを走る会社です。

クラウドワークス

web製作などIT向けの仕事が強いマッチングサイトです。

シュフティ

在宅ワーカーをメインにしているマッチングサイトです。

まとめ

在宅ワークで副業をする際のメリットとしては、隙間時間を活用できる点です。
好きなときに好きな場所で好きなように仕事をすることができるという点が魅力です。

自分で仕事の量を決めることが出来て、無理なく仕事が出来ます。

関連記事

  1. 副業で収入が20万を超えない限り申告しなくてもよいのか?

  2. 副業元年?働き方改革と副業の関係とは?

  3. 副業解禁までに会社が準備しないといけないこと~社会保険編~

  4. 新しい組織の形を探る!業務委託と正社員の違い

  5. 副業をする前にまずは就業規則を確認しよう

  6. 複業(副業)をする際の税金問題・総まとめ

  7. ノマドワークとは?〜副業との関係〜

  8. 自分のスキルを活用できる?副業としてのクラウドソーシングとは?

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES