副業で収入が20万を超えない限り申告しなくてもよいのか?

複業(副業)の場合20万未満であれば申告しなくてもよいという噂を聞いたことがある方もいると思いますが、これは本当でしょうか。
今回はこれについて考えていきたいと思います。
副業で収入が20万を超えない限り申告しなくてもよい場合とそうでない場合があるということです。副業であっても、場合によっては「20万円以下でも課税される場合」があるというのが結論です。では次に20万未満であれば申告しない場合とそうでない場合の違いとは何でしょうか。

副業でも年間20万未満であっても申告しなければならない場合

一般的に、会社員として本業がありそこで年末調整をしている社員については「給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告をする必要はない」と言われています。

ここのポイントは給与所得や退職所得以外の所得が20万以下であれば、という点です。給与所得というのは、会社員で給与をもらった場合の所得をいい、退職所得とは、会社員で退職金としてお金をもらった場合の所得を言います。
つまり、給与所得や退職所得として複業(副業)先でもらう場合は年間いくらであっても必ず確定申告が必要になるのです。たとえば本業はA会社で正社員として勤務し、副業として月に2〜3回週末にアルバイトをしたような場合には、副業収入の金額によらず必ず確定申告が必要になります。
これはどちらも給与所得だからです。

このような場合は、合算して確定申告することになります。というのも、合算した金額にかかる税金が本来この人にかかる税金ですが、年末調整は1か所でのみ行うと決まっているため、合算してきちんと計算をする必要があるからです。

一方でFXで当たった場合は、20万未満か以上かで申告の要否が分かれてきます。FXによる年間の所得が20万円を超える場合には、確定申告のそが必要になり、そうでない場合は各指定申告は不要です。

このように20万以上か未満かで確定申告が必要かどうかが分かれますが、これはその収入が給与所得や退職所得以外の所得なのかどうかという点で分かれてきます。何度も言いますが、給与所得や退職所得以外の所得が20万以下であれば、確定申告をする必要はなく、それが給与所得や退職所得であれば20万未満でも確定申告が必要なのです。

所得は収入とは違う

ここでさらにポイントをお伝えすると、所得を見ているという点です。所得は収入とは違います。簡単に言うと、収入はまるまるお財布に入ってきた金額ですが、所得はそこから経費を引いた金額となります。

ここで、会社員であれば「特に経費はないよ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに個人事業主や法人であれば経費は分かりやすいですが、給与所得においても収入金額に応じた給与所得控除額(みなし控除額)が定められています。
ですので経費を差し引いた金額が所得となるとだけ覚えておいていれば大丈夫です。

経費に入るもの、そうでないものの境目は?

また、フリーランスや個人事業主の場合経費に入るものとそうでないものの境目や判断基準は何になるのでしょうか。
よくフリーランスや個人事業主の方は領収証を取っておく習慣があります。何でも経費に入れることが出来ると勘違いしている方も中にはいるようです。

経費に入るか否かの判断基準は大変明確です。
それは事業に関係するものであるかどうか、という点です。たとえば持ち家で自宅開業している場合、事業活動に必要な敷地面積に対応する固定資産税相当額が経費として認められます。

逆に事業活動に関連しない部分、例えば家庭用として使用している面積に対応する固定資産税相当額は経費に入れることができません。
このように事業に関連する出費かどうかという点が判断基準になるのです。
なんでもかんでも経費に入れるということではない点が注意です。

まとめ

このように20万以上か未満かで確定申告が必要かどうかが分かれますが、これはその収入が給与所得や退職所得以外の所得なのかどうかという点で分かれてきます。何度も言いますが、給与所得や退職所得以外の所得が20万以下であれば、確定申告をする必要はなく、それが給与所得や退職所得であれば20万未満でも確定申告が必要なのです。

そして基準が所得であるという点も注意です。収入ではなく経費を引いた所得で判断しますので、この点も考えて計算をしていきましょう。

関連記事

  1. 個人事業主が法人化した際の消費税の押さえるべきポイント

  2. 副業解禁が日本を救う?

  3. 副業元年?働き方改革と副業の関係とは?

  4. 【徹底解説】住民税で副業をしていることが会社にわかってしまう理由とは?…

  5. 就業規則とか雇用契約書に副業禁止規定があっても副業していいの?

  6. フリーランス・個人事業主が知っておきたい源泉徴収について

  7. 副業で経費はどこまで?副業の経費とは

  8. 複業(副業)解禁までに会社が準備しないといけないこと~労働時間編~

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES