後で後悔しない!開業届と青色申告の提出方法

開業届と青色申告承認申請書とは?

複業(副業)を始めるということは個人事業主としてスタートをするということでもあります。
ここでは個人事業主としてスタートした場合に必要になる開業届と青色申告承認申請書についてご説明します。

事業を始めた場合にまず行う必要があることが、開業届の提出があります。
開業したては事業の準備や営業活動で役所への提出がおろそかになりがちです。
ですがこれをやっておかないと税務上で後々後悔することになりかねません。
実際、これを知らなかったばかりに税金を大きな金額を納める必要があった、という個人事業主の方も多いです。

開業をしたらまずは、この2つの書類を提出期限内に提出する、ということを念頭に置いておきましょう。

税務署への開業届は、事業を開始して1か月以内です。
開業届は期限内に提出しないからといって罰則があるものではありません。
あくまで個人事業主の方が税務署に「事業を始めました」とお知らせする書類だからです。

ですが事業所得が一定以上を超えて確定申告等を行う際には必ず提出することになりますので、開業をしたことを自分で区切りをつけるためにも、事業開始時の提出をおすすめします。

また、開業年度より青色申告をする場合には青色申告承認申請書の提出が必要です。
この場合には必ず開業届も提出してることが必要となりますので、こちらも要確認となります。

提出方法はどうしたらいいのか

記載をしたら最寄りの税務署に提出をしに行きます。
最寄りの税務署を調べる方法は2つあります。一つ目ははウェブで「地名」「税務署」で検索する方法です。
二つ目は国税庁のHP内で税務署を検索する方法です。

https://www.nta.go.jp/tokyo/guide/zeimusho/tokyo.htm
こちらをみていただくとすぐに検索が可能です。(東京都の場合)

このように最寄の税務署を調べて提出にいきます。
その際には注意点があります。提出した書類は税務署では控えを用意してくれることはありません。
こちらで控えをあらかじめとっておき、それを控えとして提出して印鑑をもらい、控えとすることしかありません。
提出書類はのちのちコピーや控えを確認することが必要となりますので、原本の他にもコピーをとっておき、それを控えとして一緒に提出をしましょう。
税務署はこれが慣れているため、「控えとして持ってきました」と一言添えるだけで分かってもらえます。
印鑑を押して戻してもらうことができますので、戻してもらった書類は自分の保管用に大切にとっておきましょう。

わからないことは税務署に相談してみよう!

税務署というと、とっつきにくい、相談しにくいという方も少なくありません。TVドラマや映画のイメージのためでしょう。
ですが実際に足を運んだことがあるものからすると、税務署の係員の方はとても丁寧で、しっかりと対応していただけます。

また、解説用の小冊子も充実していますので、国税庁のHPや税務署に立ち寄った際に入手するといいでしょう。

税務署では各種届出時のサポートはもちろんですが、記帳や申告の相談なども受け付けています。
税の相談というとすぐ税理士を思い浮かべますが、税理士に相談する相談料も開業したての場合はばかにできません。
無料で相談できる国のサポートは積極的につかってきたいものです。

まとめ

青色申告承認申請書は、期限が決められている書類です。
期限を1日でも過ぎるとその利益をうけることができません。
「すみません、忘れていました」では済まない厳しいものです。
期限があることを念頭に置きながら、提出をしてきましょう。
また分からないことは税務署に聞けば丁寧に教えてもらえます。
自分の「役所はとっつきにくい」というのはTVやマスコミからの刷り込みです。
無料で受けることができるサポートは積極的に活用してメリットを受けていきましょう。

参考記事

超簡単!フリーランスのための開業届の書き方

関連記事

  1. 開業する前に押さえておきたい!資金調達のいろは

  2. 簡単に早く開業届を提出する為に必要なこと

  3. 超簡単!フリーランスのための開業届の書き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

ノウハウ集

NEW POSTS PICK UP

ARCHIVES